珈琲と腸と脳のおいしい関係

こんにちは♪( ´▽`)

珈琲が大好きすぎて、

毎朝挽きたてをていねいに淹れている、

こはるです( ・∇・)

だいたい一日に3〜4杯程度飲んでいます

 

珈琲のこと語り出すと、

ちと長くなりそうなので

またの別の機会にするとして・・・

 

最近、読んでいる

「『腸の力』であなたは変わる」

に興味深い記述がありましたので

ご紹介したいと思います。

 

実は、「コーヒーが脳を守る」という研究がある。

『アルツハイマー病ジャーナル』に最近掲載されていた報告では、コーヒーを飲む人のアルツハイマー病の発症リスクが大幅に下がったという。

・・・途中省略

一日にコーヒーをまったく飲まない人から二杯飲む人までを「低レベル」、三〜五杯までを「中レベル」、五杯以上飲む人を「高レベル」に分類した。

中レベルの中年期の人は低レベルの人に比べて、アルツハイマー病発症率が65%も下回った。

・・・途中省略

私はこれにもう一歩踏み込みたい。

研究者たちはコーヒーが脳を保護するしくみを解明し、マイクロバイオーム※に作用していることを明らかにしつつある。

マイクロバイオームのはたらきにより、コーヒーが二型糖尿病や心臓発作、アルツハイマー病、パーキンソン病、さらには、がんや心血管疾患のリスクを下げることがはっきりしている。

これは腸内細菌を含む一連のメカニズムによるものだ。

 ※マイクロバイオーム:腸内に住み着いている細菌群、微生物の集合のこと

「腸の力」であなたは変わる<デイビッド・パールマター著>より

「腸の力」であなたは変わる [ デイビッド・パールマター ]

価格:1,650円
(2019/10/13 17:52時点)

珈琲好きにはたまらなく嬉しい情報です(╹◡╹)

珈琲の抽出液には珈琲豆の繊維が残っていて

その繊維を腸内細菌が食べるので

細菌自身の成長に役立っている!

つまり細菌の栄養になって細菌が元気になる!

っていうのと、

珈琲に豊富に含まれるポリフェノールを

人間の体が吸収して利用できるようにコントロールしているのも

腸内細菌のおしごとなのだそうです!

これがアルツハイマー病をはじめとする

前述されている様々な病気のリスク軽減に

役立っているのです

 

腸内細菌の働きってほんとすごい( ・∇・)

私たち人間は腸内細菌に生かされているんですねぇ

超、共生関係!

だからこそ、

日々の食事、生活をとおして

健康な腸内フローラを作ることが大切ですねぇ♪( ´▽`)

 

では、また ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です