発酵食の魅力をつたえたい

こんにちは!

昨日は庭のお手入れをしながら、

やっぱり土と触れ合うと心が落ち着くなぁ

としみじみ思った、こはるです( ・∇・)

 

今日はどうして醗酵食をおすすめしたいか?を

皆さんにお伝えしたくパソコンに向かっています

 

醗酵食の魅力は

素材の力だけで食べ物が素晴らしいものに変化すること

といったらいいでしょうか。

具体的に言うと

「おいしくなる」「長持ちする」「体にいい」

いいことづくしなのです

だから、積極的に醗酵食を取り入れることを

おすすめしたい!そう思っています(╹◡╹)

 

それぞれ解説していきますね

 まず、

「おいしくなる!」

醗酵した食材を食べるとどんな味がしますか?

まあるくて優しい酸味とコクだったり

旨味を強く感じたりしませんか?

 

例えば、「みそ」

大豆、塩、麹を混ぜ合わせただけでは

塩のしょっぱさが際立って

それぞれの素材がバラバラです。

でも、この混ぜ合わせたものを

2ヶ月、3ヶ月・・半年置いた時、どうなるでしょうか?

角の取れたまろやかな味になりますよね ♪( ´▽`)

この時何が起きているかと言うと、

麹カビ君が大豆のタンパク質やデンプンを

パクパク食べてアミノ酸や糖に分解してくれます

そうすると今度はこの糖を好む乳酸菌や酵母が

糖を餌にして酸味やアルコールの香りなどを作り出して

私たちの知っている「みそ」の味になるんですね

 

このように、発酵食がおいしいのは

微生物の働きによって「旨味」の成分が生成されるから

先ほどお話しした大豆の分解過程で「アミノ酸」が生成されていましたが、

「アミノ酸」こそが「旨味」成分ですね。

そして、合わせて生成される「糖」のおかげで自然な甘みも加わり

みそのまぁるくて旨味の詰まった

おいしい味が出来上がるのです♪( ´▽`)

これが、化学的なものを一切使わずに

自然の素材の力だけで作ることができるんですよねぇ

すばらしい力だと感じます。

 

次に、

「長持ちする」

そのままでは腐敗してしまう食品でも

醗酵させると長持ちしますよねぇ

長いもので言えば、

100年もののチーズとかワイン

みそなども熟成すればするほどおいしくなったり、と

食品の保存性が非常に良くなります

これは、

醗酵すると、既にたくさんの醗酵菌が食品内を占めていて、

有害な雑菌が繁殖する余地がないような状態と考えてください

また、乳酸発酵している食材は

酸っぱくなる、つまりPHが下がるので、

他の雑菌が繁殖できる環境ではなくなります(╹◡╹)

微生物同士の勢力争いみたいで面白いです( ・∇・)

人間が自分のために有用な微生物を味方につけて

ちょっとした手助けをすることで

おいしくて長持ちする食べ物を作り出しているのです

食材の特徴に合わせて、

塩分、糖分、温度を調整してあげるだけ

昔から紡がれてきた文化ですね

 

次に、

「体にいい!」

醗酵食は何と言っても体にいいこと

具体的にはどんな風に体にいいんでしょう?

ここについては、非常に奥深く複雑な部分

語り出したら、しばらく時間がかかってしまいますね・・

なので、ここでは概略だけお伝えできればと思います

 

どんなことが期待できるか?というと

*お肌がキレイになる!

*ダイエットに効果的

*アレルギー等免疫不全が改善する

*体全体の不調が改善する!

 

なぜ、そんなにいろいろなことが改善されるのでしょう?

それはひとえに「腸内環境の改善」の効果です

醗酵食は乳酸菌を含んでいて、

腸内の善玉菌を元気にして増やす働きをしてくれます

また、

醗酵食である酢は酸度が強く、

悪玉菌を撃退する働きがあります

腸内環境を整えるには

悪玉菌より善玉菌が優勢な環境を作ることが大事

醗酵食はその強力な味方と言えるでしょう( ・∇・)

そして、腸内環境が改善されると、

免疫力が高まり、有害な細菌やウイルスなどを

体からスムーズに排出することができるようになって

様々な不調が改善に向かいます。

また、腸から栄養をきちんと吸収できるようになると、

血液の質も良くなり、

体の隅々まで栄養が届き、

お肌はキレイに、髪もツヤツヤ、

体が元気になっていきます

 

醗酵することで栄養分が格段に増えたり、

有害物質が分解されたり、

糖やタンパク質が分解された状態で摂取できるので

体が消化のために生成する酵素を節約することもできます

 

魅力がいっぱいの醗酵食 ♪( ´▽`)

伝わりましたか?

毎日の食事に取り入れてもらいたい

そして続けることが何より大事ですね

 

では、また〜 ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です