タグ別アーカイブ: 腸内細菌

珈琲と腸と脳のおいしい関係

こんにちは♪( ´▽`)

珈琲が大好きすぎて、

毎朝挽きたてをていねいに淹れている、

こはるです( ・∇・)

だいたい一日に3〜4杯程度飲んでいます

 

珈琲のこと語り出すと、

ちと長くなりそうなので

またの別の機会にするとして・・・

 

最近、読んでいる

「『腸の力』であなたは変わる」

に興味深い記述がありましたので

ご紹介したいと思います。

 

実は、「コーヒーが脳を守る」という研究がある。

『アルツハイマー病ジャーナル』に最近掲載されていた報告では、コーヒーを飲む人のアルツハイマー病の発症リスクが大幅に下がったという。

・・・途中省略

一日にコーヒーをまったく飲まない人から二杯飲む人までを「低レベル」、三〜五杯までを「中レベル」、五杯以上飲む人を「高レベル」に分類した。

中レベルの中年期の人は低レベルの人に比べて、アルツハイマー病発症率が65%も下回った。

・・・途中省略

私はこれにもう一歩踏み込みたい。

研究者たちはコーヒーが脳を保護するしくみを解明し、マイクロバイオーム※に作用していることを明らかにしつつある。

マイクロバイオームのはたらきにより、コーヒーが二型糖尿病や心臓発作、アルツハイマー病、パーキンソン病、さらには、がんや心血管疾患のリスクを下げることがはっきりしている。

これは腸内細菌を含む一連のメカニズムによるものだ。

 ※マイクロバイオーム:腸内に住み着いている細菌群、微生物の集合のこと

「腸の力」であなたは変わる<デイビッド・パールマター著>より

「腸の力」であなたは変わる [ デイビッド・パールマター ]

価格:1,650円
(2019/10/13 17:52時点)

珈琲好きにはたまらなく嬉しい情報です(╹◡╹)

珈琲の抽出液には珈琲豆の繊維が残っていて

その繊維を腸内細菌が食べるので

細菌自身の成長に役立っている!

つまり細菌の栄養になって細菌が元気になる!

っていうのと、

珈琲に豊富に含まれるポリフェノールを

人間の体が吸収して利用できるようにコントロールしているのも

腸内細菌のおしごとなのだそうです!

これがアルツハイマー病をはじめとする

前述されている様々な病気のリスク軽減に

役立っているのです

 

腸内細菌の働きってほんとすごい( ・∇・)

私たち人間は腸内細菌に生かされているんですねぇ

超、共生関係!

だからこそ、

日々の食事、生活をとおして

健康な腸内フローラを作ることが大切ですねぇ♪( ´▽`)

 

では、また ♪

では・・「プレバイオティクス」とは?

こんにちは( ・∇・) こはるです!

前回の投稿で「プロバイオティクス」のお話をしました

で・・次は「プレバイオティクス」??

もう、何が何だか(/ _ ; )

 

腸内環境をよくするためのもう一つのアイテムとでも覚えておいていただければ良いかと思います!

「プレバイオティクス」とは

腸内細菌が好んでエサにして、

細菌の成長や活動エネルギーになるものをいいます

もちろん、腸内の「善玉菌」が喜ぶものを選びましょう( ・∇・)

 

どんな食品をとれば良いのか・・

効果的なのは「繊維質の豊富な食物」

例えば・・

にんにく、生たまねぎ、キクイモ、海藻類 など

「プロバイオティクス」と

「プレバイオティクス」

どちらも腸内環境を改善するためのカギとなるものです

積極的に取り入れていきたいですね

プロバイオティクスの説明はこちら

腸内細菌のゴールデンバランス☆*:.

こんにちは( ・∇・) こはるです♪

人間の腸内には

約1000種類、約1000兆個の

腸内細菌がいるんですって(╹◡╹)

その腸内細菌、重さにするとなんと

1.5kgもあるそうです!

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

びっくりです!

そのものすごい数の腸内細菌が

それぞれのグループに分かれて群生している状態を

顕微鏡で眺めてみると、

きれいなお花畑のようにみえます

これを「腸内フローラ」って呼びます

ね、聞いたことありますよねぇ

 

腸内細菌はその働きにより

善玉菌、悪玉菌、日和見菌

の3種類に分類されます

この3種類の腸内細菌のバランスが

善玉菌:悪玉菌:日和見菌

20 : 10 : 70

これが、ゴールデンバランスです(╹◡╹)

  

「善玉」と「悪玉」どっちが優勢かによって

その他大勢の「日和見」な奴らは

なびくんですねぇ・・

なんだか、

人間の社会を見ているようです(・∀・)

 

それぞれの腸内細菌の働きについては

また、次の機会に触れることとして・・

 

兎にも角にも

このゴールデンバランスに近いほど、

腸内環境が健全な状態であると言えるんですねぇ

 

ちなみに、わたしが行った腸内環境検査の結果は

こちらです

腸内環境検査の結果

んー・・まだまだですなぁ・・

精進します( ;∀;)

それでは、腸活頑張りましょうねぇ

腸内環境検査結果が届きました( ・∇・)

こんにちは( ・∇・) こはるです ♪

実は2ヶ月前くらいに

腸内環境検査(インジカン検査)を受けるため

採尿し検査機関にお願いしていました

 

その結果が昨夜届きました(°▽°)

・・・ドキドキしますねぇ

わたしの腸内環境は

一体どうなっているんでしょうか(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

それでは・・・

開きますよ・・・( ̄▽ ̄)

・・・・・

・・・・・

・・・・・

尿中インジカン濃度測定結果・・・

206μM/g cre

(参考健常値 43〜311μM/g cre)

参考健常値内!

だけど・・・

「善玉菌と悪玉菌が力比べの状態です」

 

わたしの腸内では

善玉菌と悪玉菌が互角の状態・・ということ

 

あぁ・・腸内細菌のゴールデンバランスとは

ほどとおい状況( ;∀;)

 

この検査ではアンケート調査も行っており

生活習慣や食生活などのチェック項目から

どんな傾向があるかを分析してくれております

その分析で

わたしの腸内環境のマイナス項目としては

 *豆類根菜類を好まない

    → ミネラル食物繊維不足

 *間食を毎日とる

    → 糖質過多

 *ストレス多い

    → 自律神経の変調

 

だそうです・・

ストレスが腸内細菌に与える影響については

以前にこちらで紹介させてもらっていましたよねぇ

 →https://hakkobicho.com/腸と脳はつながっている!ですって/

 

生活習慣、食習慣、ストレスの軽減!

これからひとつひとつ習慣のみなおしをして

美腸を目指したいと思います( ・∇・)

みなさんも是非ご一緒に♪( ´▽`)